医師が民間病院に転職するタイミングや年齢は?

  • 2017年11月30日 01:06

医師が勤務する職場を変える時、一体どんなタイミングを指針にすればいいのでしょうか?
「あまりに若い医師だと不利なのでは?年齢を問われるのだろうか?」
「きちんとキャリアを積まないと転職出来ないのだろうか?」
と疑問に思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

そこでこのページでは、医師が職場を変えるタイミングについてまとめています。
仕事を続けていくか、それとも辞めて方向転換やスキルアップをしようかと迷っている方、是非参考にしてください。

開業や転科のため

医師が勤務している職場を辞める時にはいくつか理由がありますが、開業のための退職や転科のため、キャリアアップのためなど積極的な理由がまず上げられます。
開業医を目指して勉強するため雇われ院長として働き実績を積む、内科から精神科など別の科に変わりたいなど方向性を変えるための転職は前向きですし周囲の方の理解も得られやすいですね。

他にも親の介護のために地元へ引っ越したい、結婚するため、子育てなど人生の節目にあたり職場を変える事も有り得ます。
これらの理由を伝えれば引き留めなどにも遭いにくく、スムーズに退職出来るのが特徴です。

キャリアアップ、収入アップのため

専門医取得のために指導医のいる病院へ転職したい、専門分野の医療技術や知識をもっと学びたいなどキャリアアップのための退職や、さらなる収入アップのために勤務先を変えたいと望む方もいます。
民間病院の場合は年収3,000万円、4,000万円の高収入を提示する所もあるため、年収アップを目指して転職するのも一つの道でしょう。

医師の転職では明確な目標があればあるだけ成功しやすくなりますので、「年収2,500万円希望」と具体的な金額を目標にして次の職場を探す事をお勧めします。
スキルアップのためなら「皮膚科専門医の称号を得る」などこちらも具体的な目標を設定すると良いでしょう。

転職にベストな時期はいつ?

医師が職場を変えるのに一番良い時期は新年度のスタートです。
つまり4月から仕事を始められるように、遅くともその年の1月前後から次の職場探しを始めましょう。
ボーナス支給後は多くの求人が出てきますので、1~2月は転職活動をするのに最も良い時期です。

ボーナス支給後となれば7~8月頃もタイミングとしては良い時期。
夏に職場を変えたい時は4~5月の春先から活動を開始するのがベストです。
もちろん「急に引っ越す事になった」「親の介護のために実家に戻る」など突発的な事情があれば新年度を待たずに、次の職場探しをするのが基本ですね。

医師不足地域で働く医師は年収が高い
民間病院で働く医師の平均的な退職金額は?